医療事務の仕事は派遣登録が近道!

総合病院などで働く医療事務職員は、派遣会社から出向する人が大半です。派遣会社には医療事務に関するスペシャリストが多く、いわゆる医療医務のアウトソーシング化が主流となっています。納得できる仕事先を見つけるなら、医療事務専門の派遣会社への登録が一番の近道といえるでしょう。

【医療事務】就職先の探し方を徹底比較します

ハローワークに登録し職探しをする

専門職なので、なかなかハローワークを介した求人が出にくいのが難点です。医療機関側は即戦力を要望することが多いため、専門性の高い業者を通じて求人を出す傾向にあります。エリアによっては医療関係の求人が皆無ということもあるでしょう。

医療関係の有資格者専門の派遣会社に登録する

派遣といっても、長期間勤務ができるメリットがあります。医療事務従事者はほぼ同じ会社からの出向社員なので安心して仕事に携わることができます。場合によっては、紹介予定派遣で将来的に正社員になれる可能性もあるため、おすすめです。

派遣会社に登録して、あらゆる医療機関で働く

総合病院のフロントや病棟など、あらゆるフィールドで医療事務は働くことができます。地域の診療所でもニーズが高まる傾向にあります。派遣社員として登録すると、派遣先の医療機関でスペシャリストとして働くことができるので、毎日が充実した業務に就けるでしょう。

教えて先輩!医療事務の疑問徹底解説

自分の希望に合った働き方ができますか

午前中のみのパート勤務など働き方は選べます。

医療事務でも昇格などはできますか

医療秘書等の資格取得も視野に検討すると道は開けます。

パソコンのスキルは必要でしょうか

今ではオンライン化が整っているのでPCスキルは必須です。

医療事務以外の資格も必要ですか

ドクターズクラークや医事オペレーターなどの資格も視野に入れてはいかがでしょうか。

医療事務の就職はどのようにして探しているの?先輩が答えます

医療事務以外の資格取得で、病院で働く事務員の地位向上を目指そう

医療文章の記載や、医師が行うべき事務作業補助の資格を取得すれば、煩雑化する医師の業務負担を軽減させることができます。ドクターズクラークの資格取得などを目指し、医師事務作業補助職として仕事の幅を広げることも一案です。通学制の講座受講で受験資格を満たすことは可能です。仕事と受験勉強を両立させることも可能なので、まずはチャレンジしてはいかがでしょうか。

メディカルフロントコンシェルジュ資格で最強フロントを目指そう

医療事務の有資格者は、患者受付や会計などの仕事も担います。もう少し患者接遇について学びたいのであれば、メディカルフロントコンシェルジュ資格も並行して取得することをおすすめします。患者接遇の際に、事務的なことも丁寧に説明できるようになりますし、患者様に寄り添った案内ができるようになります。病院の顔としてパーフェクトを目指す人にはぜひ取得してほしい資格です。